石油由来成分あり!FANCELアクティブコンディショニングEXの口コミ

FANCL

無添加スキンケアの代表格であるファンケル。

敏感肌や添加物に抵抗のあるユーザーからも絶大な支持を得ているエイジングケアシリーズが、アクティブコンディショニングEXです。

しかし、無添加と言っても、何が無添加なのか理解している人は少なく、本当にキケンな成分が含まれていないか丁寧に成分解析しているサイトもありません。

そこで、FANCLアクティブコンディショニングEXを原料まで成分解析しながら、使用感とアクティブセラミドについて口コミします。

PR

アクティブコンディショニングEXの成分解析!

では、はじめに、アクティブコンディショニングEXで人気の「Ⅱしっとり」の全成分について、分析していきます。

成分にこだわっているファンケルですが、

ファンケルが無添加としているのは、アレルギーを起こす可能性が高いとされている次の5項目です。

  • 防腐剤
  • 香料
  • 合成色素
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

ただし、石油由来の成分もある程度含まれていますので、本当に安全かどうか一つ一つ確認していきましょう。

化粧水 Ⅱ(しっとり)の成分解析

EX 化粧水 Ⅱ
成分名 成分分析 原料・危険度
溶剤
グリセリン 保湿剤、変性剤
マルチトール 香味料、甘味料、保湿剤
DPG 香料、溶剤、粘度低下剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
メチルグルセス-10 合成ポリマー、保湿剤 トウモロコシ由来のブドウ糖に水溶性高分子のポリエチレングリコールを結合し、改良された保湿成分。低刺激で安全性も高い。
ベタイン アミノ酸誘導体、保湿剤
ジグリセリン 保湿剤
ペンチレングリコール 溶剤、殺菌剤、感触改良剤 石油由来の合成成分。BGよりも低濃度で抗菌性を発揮。低刺激だが、極稀にアレルギー反応の可能性有り。
スイートピー花エキス 保湿
ゼニアオイ花エキス 芳香性エキス
スフィンゴ脂質 油剤、エモリエント剤
マンニトール 香味料、結合剤、保湿剤
加水分解コラーゲン 保湿剤、界面活性剤 原料は動物の軟骨や結合組織。保湿剤としても配合され、安全性は高い。極稀にゼラチンアレルギーの人は注意が必要。
パルミトイルペンタペプチド-4 感触改良剤、改質剤
グリコーゲン 天然ポリマー、保湿剤
スクワラン 油剤、エモリエント剤
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) 油剤、閉塞剤
イソステアリン酸フィトステリル 油剤、閉塞剤、光沢性
水添レシチン 合成界面活性剤、乳化剤 原料は大豆。乳化力は弱く、保湿剤としても配合され、安全性が高い。
エチルヘキシルグリセリン 消臭剤、制汗剤
カルボキシメチルデキストランNa 合成ポリマー、乳化安定剤 デンプンが原料の合成成分。分子量が大きいため保湿や増粘作用を持ち、安全性にも優れている。
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーK 合成ポリマー、皮膜剤 大きな親水基と小さな親油基をもつ高分子の水溶性ポリマー。低濃度で優れた増粘性をもつ。高分子で皮膚に吸収されることはなく、低刺激で安全性は高い。極稀に眼刺激性の可能性有り。
キサンタンガム 天然ポリマー、乳化安定剤
カルボマー 合成ポリマー、乳化安定剤 石油由来の合成成分。増粘性に優れ、品質の均一性や温度変化への安定にも優れている。刺激性・毒性はほとんどなく安全性も高い。
ポリソルベート20 合成界面活性剤、乳化剤 石油由来の合成成分。ラウリン酸が結合したもので、ポリソルベート20が4種ある中では1番水に溶けやすい。低刺激で安全性も高い。
トコフェロール 酸化防止剤、V.E  

 

乳液 Ⅱ(しっとり)の成分解析

EX 乳液 Ⅱ
成分名 成分分析 原料・危険度
溶剤
グリセリン 保湿剤、変性剤
イソノナン酸イソトリデシル 油剤、エモリエント剤
マルチトール 香味料、甘味料、保湿剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
DPG 香料、溶剤、粘度低下剤
ジグリセリン 保湿剤
トリエチルヘキサノイン 油剤、閉塞剤
スクワラン 油剤、エモリエント剤
ペンチレングリコール 溶剤、殺菌剤、感触改良剤 石油由来の合成成分。低濃度でも抗菌作用がある。低刺激だが、極稀にアレルギー反応の可能性有り。
ジメチコン 合成ポリマー、閉塞剤 石油+鉱物の合成成分で、シリコーンオイルの代表格。酸素透過性に問題は無いが、吸着性が高く、しっかりとクレンジングで落とす必要がある。極稀に眼刺激性の可能性有り。
トリ脂肪酸(C10-18)グリセリル 油剤、閉塞剤、溶剤
スイートピー花エキス 保湿
ゼニアオイ花エキス 芳香性エキス
スフィンゴ脂質 油剤、エモリエント剤
マンニトール 香味料、結合剤、保湿剤
加水分解コラーゲン 保湿剤、界面活性剤 原料は動物の軟骨や結合組織。保湿剤としても配合され、安全性も高い。極稀にゼラチンアレルギーの人は注意が必要。
パルミトイルペンタペプチド-4 感触改良剤、改質剤
グリコーゲン 天然ポリマー、保湿剤
ローズマリー葉エキス 芳香性エキス、酸化防止剤
ベヘニルアルコール 油剤、乳化安定剤
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) 油剤、閉塞剤
テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル エモリエント
イソステアリン酸フィトステリル 油剤、閉塞剤、光沢性
トコフェロール 酸化防止剤、V.E
水添レシチン 合成界面活性剤、乳化剤 原料は大豆。乳化力は弱く、保湿剤としても配合され、安全性も高い。
エチルヘキシルグリセリン 消臭剤、制汗剤
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーK 合成ポリマー、皮膜剤 高分子の水溶性ポリマー。低濃度でも優れた増粘性有り。高分子のため皮膚に吸収されることはなく、低刺激で安全性も高い。極稀に眼刺激性の可能性有り。
キサンタンガム 天然ポリマー、乳化安定剤
カルボマー 合成ポリマー、乳化安定剤 石油由来の合成成分。増粘性に優れ、品質の均一性や温度変化への安定性にも優れている。低刺激で安全性も高い。
ポリソルベート60 合成界面活性剤、乳化剤 石油由来の合成成分。低刺激で安全性も高いが、極稀に眼刺激性の可能性有り。
ステアリン酸ソルビタン 合成界面活性剤、乳化剤 ヤシ+デンプンの合成成分。無添加、自然派コスメにもよく配合され、食品にも使用されており、安全性は高い。
ポリソルベート20 合成界面活性剤、乳化剤 石油由来の合成成分。ラウリン酸が結合されており、ポリソルベート20が4種の中では1番水に溶けやすい。低刺激で安全性も高い。 

 

FANCELアクティブコンディショニングEXを試した口コミ

アクティブコンディショニングEXには、Ⅰ(さっぱり)/Ⅱ(しっとり)がありますが、乾燥人気はⅡ(しっとり)。

まず、箱を開封すると、出てきた化粧水と乳液は、短期間で使いきれる小さな密封ボトルです。

挟まっているリングを外して、キャップを回し、ようやく液が出てきます。

製造年月日を表示し、かつ、医薬品レベルの製造ルームで製造されるなど、ファンケルの安全性への姿勢が垣間見えます。

これまでいろいろな基礎化粧品を試してきましたが、ここまで「新鮮」「フレッシュ」にこだわった商品は珍しいでしょう。

 

さて、肝心の使用感ですが、ファンケルのアクティブコンディショニングEXの化粧水(Ⅱ)はトロっとしたテクスチャー。

しっかり手でプレスして、中に押し込んであげるとキメが整います。

乳液はちょっとペタペタする感じがありましたが、乾燥肌の私にとってはちょうどよい加減。

ドモホルンリンクルの基本4点などなどは、4ステップと重ねて保湿するのに対し、

アクティブコンディショニングは化粧水と乳液だけなので保湿に関して不安がありましたが、想像以上に保湿され、持続している感じがします。

ただし、中には、「ベタベタする」という悪い口コミもありますので、オイリー肌の方や、季節によって使い分けたい!という方は、Ⅰのさっぱりを試されると良いでしょう。

 

 

アクティブコンディショニングに含まれる美容成分

アクティブコンディショニングシリーズは、

肌を美しくできるのは、化粧水でもなく美容液でもなく肌そのものである!

という考え方の元、肌自らが美しくなる力「自活力」を引き出し高めるとされます。

ではどのように「自活力」を高めてくれるのでしょうか?

 

アクティブコンディショニングシリーズには、ファンケル独自の新成分も含めて、

エイジングケアもできるパワフルな美容成分が配合されています。

  • 質の良いセラミドをつくる「アクティブセラミド」
  • コラーゲン強化の「適応型コラーゲン」
  • ダメージをケア&蓄積を防ぐ「バイオグリコーゲン」

これらの成分がどのような効果があるのか、以下解説します。

エイジングケアに必須!「アクティブセラミド」

配合されている美容成分の中でも、ファンケル独自の新成分である

「アクティブセラミド」

は、自活力を高める鍵となる成分です。

そもそもセラミドとはどのような役割なのか、なんとなく必要性は知っているという方も多いのではないでしょうか。

セラミドとは?

セラミドは、体内に水分と潤いを閉じ込める働きを持つ成分です。

セラミドは、コラーゲンやヒアルロン酸など数ある保湿成分の中でもとてもパワフルで、保湿やバリア機能をもつ肌の「角層」を構成する成分の約半分を占めているとされます。

しかし、肌の中に存在する「セラミド」は10種類以上あり、このすべてのセラミドを補うのはかなり難しい。

そこで、肌で自ら作られるセラミドを増やし、質も上げてあげるとされるのが、「アクティブセラミド」です。

アクティブセラミドの働き

アクティブセラミドは、細胞膜上の「FATP4」という栄養の取り込み口を増やし、

セラミドの原料となる栄養を細胞にたくさん取り込む働きを持っています。

栄養が多ければ、セラミドは活性化し、肌へ良い影響を及ぼします。

セラミドの種類と数が違いすぎる!基礎化粧品7つの成分を徹底比較
美肌の絶対条件である「保湿」ケアですが、その成分はヒアルロン酸やコラーゲンを始め数えきれない程たくさんありますね。 そんな中で保湿力が非常に高いとされている成分が「セラミド」。 いくら保湿ケアをしても「冷暖房に負けてしまう」「お昼にはす...

 

不足分のコラーゲンを強化する「適応型コラーゲン」

次に、適応型コラーゲンについてです。

よく耳にするコラーゲンですが、実は数十種類もあることをご存知ですか?!

肌の約95%がⅠ型とⅢ型となり、その他に現在判明しているだけで27種類もあります。

これらのコラーゲン全てを、スキンケアで補うのはとても大変なことです。

そこで、ファンケルの適応型コラーゲンは、コラーゲンが生まれる瞬間に働きかけ、不足するコラーゲンに変化するという性質を持ちます。

 

ダメージをケア「バイオグリコーゲン」

バイオグリコーゲンは、紫外線ダメージによる活性酸素の蓄積をおさえ、また、皮ふのヒアルロン酸の産生を促進するとされる成分です。

肌の乾燥やハリに悩む45~59歳の男女が、1%のバイオグリコーゲンを含む化粧水やクリームを1日2回、1ヶ月間添付したところ、角層水分量が増加し、保湿効果があったという実験があります。

さらに、乾燥ジワのシワの深さや、広がった毛穴の面積も改善され、引きしめ効果もあったことが分かっています。

 

アクティブコンディショニングのタイプ別ラインナップ

では、次にアクティブコンディショニング商品の価格を見ていきましょう。

無添加アクティブコンディショニング ベーシック 30mlの価格

Ⅰさっぱりシリーズ

・無添加アクティブコンディショニング ベーシック 化粧液 ⅰさっぱり 1,512円(税込)

・無添加アクティブコンディショニング ベーシック 乳液 ⅰさっぱり 1,512円(税込)

Ⅱしっとりシリーズ

・無添加アクティブコンディショニング ベーシック 化粧液 ⅱしっとり 1,512円(税込)

・無添加アクティブコンディショニング ベーシック 乳液 ⅱしっとり 1,512円(税込)

 

無添加アクティブコンディショニング EX 30mlの価格

Ⅰさっぱりシリーズ

・無添加アクティブコンディショニング EX 化粧液 ⅰさっぱり 1,836円(税込)

・無添加アクティブコンディショニング EX 乳液 ⅰさっぱり 1,836円(税込)

Ⅱしっとりシリーズ

・無添加アクティブコンディショニング EX 化粧液 ⅱしっとり 1,836円(税込)

・無添加アクティブコンディショニング EX 乳液 ⅱしっとり 1,836円(税込)

 

内容量はすべて30mlサイズ(1か月分)で、品質キープのためにこの1サイズしかなく、

2本や3本などまとめ買いをすると上記の単価よりもお得になります。

例えば、2本購入してもベーシックは2,916円、EXは3,564円となり、他ブランドの化粧水や乳液と比べても同価格帯かもしくは低価格になります。

 

アクティブコンディショニング ”ベーシック”と”EX”の違いは?

「ベーシック」の方は乾燥肌を克服するためにキメを整え、潤いを与えてくれるという基本的なケアに徹しているのに対し、

「EX」は一言で言うとエイジングケアシリーズで、潤いと同時に年齢や外的刺激により失われたハリや弾力アップにアプローチしてくれます。

その違いは配合されている特徴成分にも出ています。

ベーシックの特徴成分

  • アクティブセラミド
  • 甘藻エキス
  • フレッシュローヤルゼリーエキス

EX特徴成分

  • アクティブセラミド
  • 適応型コラーゲン
  • バイオグリコーゲン

ベーシックが乾燥ケアに徹底された成分であるのに対し、

EXはその人が必要としている種類のコラーゲンを強化してくれるというファンケル独自開発の潤い成分「適応型コラーゲン」も配合され、

ベーシックと比べると肌根本へ働きかけてくれる、贅沢な化粧液と乳液です。