秋冬の乾燥肌が加速する!肌を乾燥させる暖房器具とその対策

エイジングケアのヒント

肌の乾燥は季節を問わずに起こりますが、とりわけ乾燥が気になるのが、秋と冬です。

秋と冬にはただでさえ乾燥するのに、暖房器具を使用することで、さらに室内の湿度が低くなり、気がついたらお肌がパリパリに…という状態は、誰でも一度は経験しているのではないでしょうか。

そこで今回は、乾燥肌になりやすい暖房器具と、肌にやさしい暖房器具について調べてみました。

PR

乾燥肌になりやすい暖房器具

そもそも暖房器具から発生する熱は、室内の空気中の水分(水蒸気)を奪いますので、空気が乾燥しやすくなります。

しかし、器具の種類や使い方によって、乾燥度合いは大きく違ってきます。

乾燥肌になりやすい暖房器具は以下の通りです。

エアコン

冷房だけのエアコンもありますが、多くのご家庭では冷暖房対応のエアコンが付いているのではないでしょうか。

エアコン暖房は、外気を室外機で温め、温まった風を吹き出すことで部屋を温めます。そのため、乾燥している外気を部屋に取り込んでいるうえに、風が部屋の水分をより奪っていくので、部屋は乾燥し、乾燥肌も加速します。

最近では加湿機能付きのエアコンも出ていますが、外気の水分を取り込んで室内に放出する仕組みなので、そもそも外気の水分が少ない冬にはあまり効果がありません。

電気ファンヒーター・セラミックファンヒーター

電気やセラミックなどのファンヒーターは、エアコンとは違って外気を取り込むわけではありませんが、温めた風を吹き出すことで部屋を温める点では同じです。

洗濯物が乾きにくい梅雨の時期に、洗濯物に扇風機を当ててあげると一気に乾くように、風は空気を乾燥させ、肌を乾燥させます。

こたつ

こたつは、風を起こすわけではないので、一見乾燥とは無縁に思えますが、実はこたつを使用している方には乾燥肌に悩む方が少なくありません。

特に、長時間こたつに入っている足の乾燥肌に悩む方が多いようです。

というのも、こたつは発熱するヒーターの近くで長時間過ごすことが多いから。

こたつで寝てしまった後に、喉が渇いて水をたくさん飲んだなど、こたつによる乾燥を経験したことのある人は多いのではないでしょうか。

ホットカーペット

ホットカーペットも風を起こさない暖房器具ですが、温度設定が高すぎたり、長い時間、直接肌に触れたりすると、それが乾燥肌の原因になります。

ホットカーペットの乾燥へのリスクは、その密着度からきています。

肌の水分がホットカーペットの熱によって奪われてしまうのです。

電気毛布

寒い夜の頼もしい味方の電気毛布ですが、電気毛布はホットカーペットより密着する肌の範囲が広いため、より乾燥肌を作りやすいといわれています。

また、寝ている間にかく汗が、電気毛布の熱によって蒸発し、乾燥肌が起こりやすいとも考えられます。

さらに、電気毛布で注意しなければならないのが、布団や衣類とこすれて静電気が起きやすいという点です。

静電気のリスクは、

  • 電気刺激そのものが肌にダメージを与える
  • 静電気を帯びた肌には、汚れやほこりが付きやすい
  • 髪の毛のキューティクルを壊し、ツヤがなくなる

など、良いことは何もありません。

静電気は、繊維同士の相性によって決まりますので、寝具・衣類・電気毛布の繊維が何で出来ているのか確認してみましょう。

乾燥しにくい暖房器具

では次に、乾燥肌になりにくい暖房器具を紹介します。

温水ルームヒーター

耳慣れない名前かもしれませんが、温水ルームヒーターは、寒い地域ではかなりメジャーな暖房器具です。

室外の給湯器で温めたお湯の熱を使って、ヒーターから温風を出し部屋を暖める、というものなのですが、風が熱すぎないので乾燥しにくく、とても暖房能力が高いです。

また、石油ヒーターのように窓の結露もほとんどありません。

ただし、その構造上、室内の風が吹き出すヒーターだけでなく、外に暖房ユニットを設置しなければならないので、設置には工事を伴います。

オイルヒーター

デロンギに代表されるオイルヒーターですが、密閉されたオイルが温められ、その輻射熱(ふくしゃねつ)で部屋をじわじわと暖めてくれるので、とても乾燥しにくく、肌にやさしい暖房器具です。

オイルヒーターは風を起こさないため、ホコリも立ちにくく、メンテナンスも必要なし。

我が家では、寝室・子供部屋で使っていますが、最低気温が5度の日でも、500Wで運転すると毛布一枚で寝られます(部屋は10畳)。

立ち上がりはゆっくりですが、電源を切った後は1時間くらいは保温されています。

乾燥しにくい暖房器具の中で、一番おすすめです。

ハロゲンヒーター・遠赤外線ヒーター

ハロゲンヒーター(近赤外線ヒーター)や遠赤外線ヒーターは、赤外線を放出して、物や人を温めるので、乾燥しにくい暖房器具です。

風がないので、ホコリも立ちません。

ただし、遠赤外線の前にさつまいもを置くと焼きいもになるように、かなり熱くなるので火傷に注意が必要です。

石油ファンヒーター

石油のファンヒーターは、燃焼時に石油の中の水素が水となって放出されるため、乾燥しにくい暖房器具です。

しかし、その性質上、窓への結露が気になったり、火傷の心配があります。

灯油をタンクに入れる手間と安全性の観点から、最近は随分見なくなりました。

 

以上、暖房器具について比較してきましたが、いくら乾燥しやすい暖房器具を使っていたとしても、新しいヒーターを買うのはちょっと・・・という人も多いと思います。

そこで、肌を素早く改善する方法を紹介します。

乾燥肌を素早く改善する方法

加湿器を利用する

室内の最適な湿度は、40~60%です。部屋が乾燥状態にあるのであれば、部屋を加湿するのが一番です。

加湿で効果的な方法は、

  • お湯を沸かす
  • 濡れタオルをかける
  • 洗濯物の室内干し
  • 加湿器を使う

の4つです。

「加湿器を使っていても湿度が低い」という場合もに、他の方法を組み合わせることにより、改善することはよくあります。

特にエアコンなどの風が直接当たってお肌が乾燥するのであれば、ご自身とエアコンの中間に洗濯物を干すことによって、ある程度までなら乾燥からお肌を守ることができます。

お風呂上り3分以内の保湿

お風呂上りには、できるだけ早く乾燥が気になる部分にクリームなどを塗って、保湿しましょう。理想は3分以内です。

また、血行を良くし、新陳代謝を上げるように、湯船には10分くらいつかりましょう。これ以上お湯につかっていると、肌の油分が奪われて、逆効果になりますので注意しましょう。

水分補給

口の中や喉が渇くといった具体的なトラブルが起こらなくても、乾燥肌が起こっているのであれば、体内の水分不足が考えられます。

そのため、こまめな水分補給が大切です。

身体を冷やす冷たい飲み物はなるべく避けて、常温に近い飲み物や暖かい飲み物をこまめに摂りましょう。

ビタミンの摂取

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCは肌を強くする栄養素ですので、積極的に摂るようにしましょう。

ブロッコリーやホウレン草に多く含まれています。

乾燥肌の前兆を見逃さないで!

これが乾燥肌のサイン!保湿や水分補給に努めましょう。

口や喉が渇く

外出中や室内で過ごしているときや朝起きたときに、口の中や喉が渇きますね。それは、体内の水分量が不足しているからで、間もなく乾燥肌が起こるサイン。

水を飲むときは、肌も保湿する!と決めておくことをおすすめします。

汗をかいたところが痒い

汗をかくと体がかゆくなるという人は、乾燥肌が原因かもしれません。

汗による痒みは、膝の裏、肘の内側、足の指、太ももの内側、背中など、いろいろなところに現れます。

これは、肌が乾燥によってバリア機能を失い、外からの汗刺激で雑菌が増えやすくなるためです。

肌による痒みに心当たりがある人は、汗を流した後、保湿ケアを行いましょう。

ただし、痒みがひどい、あるいはお肌にブツブツができたという場合には、自己流の保湿ケアを行うのではなく、皮膚科または美容皮膚科で軟膏や内服薬を処方してもらう必要があります。

なんとなくくすみが気になる

空気の乾燥や保湿不足、暖房器具などの影響を受けて乾燥肌が起こり始めると、なんとなくお肌がくすんだように見えることがあります。

これは、角質層が厚くなり始めたときに見られる現象で、これを放置していると、乾燥肌が起こることがあります。

お肌がくすんだように見える時は、ピーリングやスクラブ洗顔を行い、その後にたっぷりと保湿しましょう。

ただし、ピーリングやスクラブ洗顔は頻繁に行うと角質層を無理に剥がす原因になりますので、週1~2回を目安として行ってみて下さい。

かかとにひび割れができた

ホットカーペットや電気毛布の使用でかかとにひび割れができたら、これらの暖房器具によってかかとの水分が奪われている可能性が考えられます。

かかとがカサカサしたり、ひび割れたりしてきたら、一時的にホットカーペットや電気毛布の使用を中止するか、温度を下げて使用した上で、角質ケア用の保湿クリーム+靴下でケアしてみましょう。